アンチエイジング若返り生活

アンチエイジングな生活習慣で、若返ろう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ぬか漬けで野菜の栄養をパワーアップ! ◆少食生活43日目:今日の摂取カロリー 872 kcal
◆ぬか漬けにチャレンジ!◆

私の食生活でどうしても不足しがちな栄養素のひとつ「ビタミンB1」。
糖質がエネルギーに変わるときに必要なビタミンで、疲労回復効果もある。
不足すると乳酸などの疲労物質がたまって疲れやすくなったり、イライラ、不眠、めまいなどの症状がでるらしい。

ビタミンB1は豚肉、たらこ、うなぎ等に多く含まれているけど、毎日豚肉やうなぎを食べるわけにもいかず、頑張ってはいるけれど、どうしても不足してしまう。

困ったなと思っていたら、ぬか漬けにビタミンB1が多く含まれることがわかった!

例えば、そのままでは栄養価が低いキュウリや大根。
それをぬか漬けにすると、ビタミンB1やビタミンB6などたっぷりのスーパー野菜に早代わり!

111017.gif


塩分が多めなので食べすぎは気をつける必要があるけど、ぬか漬けを食事に加えることでビタミンB1の不足をだいぶ補えそう。

他にもぬか漬けの乳酸菌は、胃酸に負けることなく腸まで生きたままで届くタフで頼りになる乳酸菌なんだって。

スーパーでぬか漬けを買うこともできるけど、ぬか漬けを習慣にするのであれば、
ここはやはり「My ぬか床」を作らなくっちゃ、ね!

とは言っても、いちからぬか床を作ると何ヶ月もかかるし、どうもぬか床作りは気温が高い夏のほうがいいらしい。これからの季節ではちょっと厳しい。

それに毎日かき混ぜるといった面倒なことは出来そうもないので、なんとかお手軽に出来ないかと探したところ、ありました!
野菜を入れればすぐにぬか漬けができる『発酵ぬかどこ』。

みたけ 発酵ぬかどこ 1kg

Amazon で注文したらすぐに届いたので、早速、人参とキュウリを漬けてみた。
明日には食べれる。どんな味なんだろうなぁ~、わくわく♪

ぬか床は「臭い」と思っていたのに、『発酵ぬかどこ』は臭いどころか不思議と「爽やかなでいい香り」。イメージとかなり違う。

ぬか床づくり―母から子へ伝えたいスローフードかき混ぜるのも週に1回ぐらいでいいみたい。
ちゃんとぬか床を育てていくことが出来るか不安なので、図書館でぬか床の本も借りてきたよ。
ぬか床料理の食事処「千束」店主の下田 敏子さんの本『ぬか床づくり―母から子へ伝えたいスローフード』。

野菜別の漬け方の説明もわかりすいんだけど、なにより、ぬか床の育て方(トラブル対応)の説明が詳しい。困ったときに頼りになりそう。


◆今日の食事内容◆
<朝> クコの実、ミックスナッツ、コーヒー
<昼> おかゆ(玄白米 カボチャ)、柿
<夕> 焼きソバ(もやし しいたけ 青海苔 紅生姜)
<間食> 煮干し
<運動時> クエン酸スティック、プロテイン+レモン

カロリー合計=872 kcal
(カロリー計算はiPhoneアプリ「Meal Up」にて)


◆今日の運動◆
エアロバイク15分
今日の歩数(現時点まで)5,474歩。




Copyright © アンチエイジング若返り生活. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。