アンチエイジング若返り生活

アンチエイジングな生活習慣で、若返ろう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


若さとは
私にとってのアンチエイジングは、若返り、あるいは若さをキープしたいという願望なんだけど、そもそも「若さ」とはどんなものでしょう?

若さについて考える際、アメリカの詩人であるサミュエル・ウルマン(Samuel Ullman, 1840年 - 1924年)の"YOUTH"(青春)という詩が参考になると思います。
この詩は80歳の記念に自費出版した『80歳の歳月の高見にて』に収められているそうです。
『ウィキペディア(Wikipedia)』に掲載されている翻訳は下記のようになっています。

青春とは人生の一時期のことではなく心のあり方のことだ。
若くあるためには、創造力・強い意志・情熱・勇気が必要であり、
安・易(やすき)に就こうとする自らを戒め、冒険する心を忘れてはならない。
人間は年齢(とし)を重ねた時老いるのではない。理想をなくした時老いるのである。
歳月は人間の皮膚に皺を刻む
が情熱の消失は心に皺を作る。
悩みや疑い・不安や恐怖・失望、これらのものこそ若さを消滅させ、
雲ひとつない空のような心をだいなしにしてしまう元凶である。
六十歳になろうと十六歳であろうと人間は、驚きへの憧憬・夜空に輝く星座の
煌きにも似た事象や思想に対する敬愛・何かに挑戦する心・子供のような探究心・
人生の喜びとそれに対する興味を変わらず胸に抱くことができる。
人間は信念とともに若くあり、疑念とともに老いる。自信とともに若くあり、恐怖とともに老いる。
希望ある限り人間は若く、失望とともに老いるのである。
自然や神仏や他者から、美しさや喜び・勇気や力などを感じ取ることができる限り、
その人は若いのだ。
感性を失い、心が皮肉に被われ、嘆きや悲しみに閉ざされる時、人間は真に老いるのである。
そのような人は神様のあわれみを乞うしかない。



ただ、これは私にはちょっと難しく、石原 結實さんの『なぜか免疫力が高い人の生活習慣』(幻冬舎)の中で紹介されている翻訳のほうが理解しやすいので引用させて頂きます。

若さとは、人生の一時を言うのではない。
それは心の状態をいうのだ。
たくましい意志、優れた想像力、燃ゆる情熱、怯懦(きょうだ)を乗り越える勇猛心、
安逸を振り切って、冒険に立ち向う意欲、こういう心の状態をいうのだ。
人は信念と共に若く、疑惑と共に老ゆる。
人は自信と共に若く、恐怖と共に老ゆる。
希望ある限り若く、失望と共に朽る。


なぜか免疫力が高い人の生活習慣

どうですか?上記の翻訳のほうがわかりやすいですよね。
上記のような心の状態を保つことが若さをキープする秘訣なのでしょう。




Copyright © アンチエイジング若返り生活. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。